無料体験授業好評受付中!

2017年06月07日

早稲田塾

早稲田塾の11校が廃校になる見込みのようです。


学習塾を展開するナガセは6日、大学受験予備校「早稲田塾」の23校舎のうち、首都圏の11校を8月末をめどに閉鎖すると発表しました。

 
廃校の理由は少子化などの影響で苦戦が続いており、生徒数の多い校舎に講師らを集中し、効率化を図るためです。


閉鎖するのは、秋葉原校(東京都)や松戸校(千葉県)、大宮校(埼玉県)、川崎校(神奈川県)などで、残るのは東京都と神奈川、千葉県内の12校となります。
閉鎖する校舎に通っている生徒には、近隣の校舎への転校などで対応する予定です。

 
ナガセは大学受験予備校「東進ハイスクール」や学習塾「四谷大塚」などを展開し、2014年に早稲田塾を買収しましたが、少子化や他社との競争激化で、早稲田塾は17年3月期決算の最終利益が16億円の赤字となるなど業績が低迷しています。


予備校が廃校になるような社会情勢でも、入試が難しいのは変わりありません。
どこでもいいのならともかく、それなりに希望をして大学進学ともなれば、やはり一生を左右することですから十分に準備をしておかねばなりません。
ラベル:早稲田塾

2017年05月10日

とりあえず方式

とりあえず方式という勉強誘導方があるようだ。


どこの子どもも遊ぶのは大好きで勉強には目がいかない。
そんな子供たちに勉強をさせる、机に向かわせるのはなかなか難問でもある。


そこで、とりあえず方式というのがあるとか。
とりあえず方式は、学校から帰ってきたら衣装ケース的なものを用意しておいて、ランドセルの中身をすべてその中に空けだすことという。


それだけなのであるが、ランドセルを放りっぱなしで、次の日もそのまま背負っていくというよりはよほど前進だ。


ともかく、ランドセルの中身が目に入る。
宿題をするしないというよりも、学校に行っていることの確認でもある。


それを毎日繰り返していけば、門前の小僧習わぬ経を読む方式で前に進むのだという。
何もしないよりは、このステップを踏ませるだけでも価値がありそうだ!!


ダメ親.jpg
posted by yasuucare at 07:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 私立中高専門 家庭教師 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月01日

中学生としての自覚

中学生としての自覚が問われ、日々の生活と定期テストの結果などが内申点になって高校受験結果に左右することになります。


いよいよ中学生で頑張ろうと意欲が高いと思いますが、小学校の生活の延長ではなく、より日々の管理を強化し部活や学習をスケジュール化していくことが大切です。


ともかく、1年生のときにしっかり勉強しておかないと、3年生になってからとても苦労するのは間違いありません。今を大事にして頑張るのが何よりですが、塾や家庭教師をうまく活用していくのも一つの方法です。


教科書はしっかりと読み込み、ノートもちゃんと授業の中身をまとめるようにとっていくのがコツです。


中学生としての自覚を早く持ち、受験に備えていきましょう。
そうすれば3年生になっても慌てず焦らずに過ごせるのです。


それは今からすぐのことですよ!
posted by yasuucare at 08:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 中学受験家庭教師ドクター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月13日

中学受験?

中学受験か?高校受験か?のどちらを選べばいいのでしょう?
それは親がやきもきする問題であり受験生本人も迷うところでしょう。


子供の将来を考えて選ぶのがベストなのですが、さて中学受験の段階でベストな選択になるものかどうか・・。


たとえば、東京では、クラスの半分以上が受験するという小学校も珍しくないのです。「まあ、もうちょっと先だろう」と思っていたら、小3の夏にもなると保護者特に母親たちの間では、するのかしないのか、どこの塾が良いかというような話があふれかえります。


ある意味ではどの子もライバルになってしまうのです。


まず選択肢は何があるかというと、@私立国立系中学受験、A公立一貫中学受験、B高校受験の3つです。
国会の論戦ではありませんが、なんだか先送りしたい気分ですね・・。


でも、大切なことは充実感を感じて受験勉強に立ち向かっている子共に育て上げることです。
それは生易しいことではありませんが、単に勉強ができるかどうかという枠を外れたところにも着地点があります。
つまり、努力する癖や鍛錬を身に着けるところです。


我慢したり苦労して考える習慣さえ身につけば結果にこだわる必要もありません。
また、おのずと結果もついてきます。


受験勉強をして、「こういう訓練をしていけば解ける」という自信が出てくるようになれば、まさに本物に豹変していくのです。


そのための補助が家庭教師や学習塾だと思います。
色々と健闘して着地点を探ってみましょう!!
ラベル:中学受験?

2017年02月16日

英語に親しむ活動を小3から

英語に親しむ活動を小3から、正式教科小5からとなる新指導要領案が出ました。


文部科学省は14日、約10年ぶりに改訂する小中学校の新学習指導要領案を公表しました。
英語に親しむ活動の開始を小学3年に早め、小5から英語を正式教科とします。


学習内容は減らさず、現行指導要領の「脱・ゆとり」路線を継承するのです。授
業の改善で「対話的で深い学び」を実現し、思考力や主体性を伸ばします。
小学校は2020年度、中学校は21年度から実施する予定です。


今回改訂では歴代の指導要領で初めて前文を設け、「社会に開かれた教育課程」を理念として掲げました。
グローバル化や人工知能(AI)の台頭、人口減などを念頭に、30年代に社会に出る子供に求められる資質や能力を広く社会と共有します。


小学校では現在、5年から「聞く」「話す」を中心に英語に親しむ外国語活動を行っているが、3年からに前倒します。


5、6年の新教科「英語」では「読む」「書く」を加え、教科書を使い成績もつけ、授業は現在の週1コマから2コマに増やし、4年間で600〜700語程度の単語を指導します。


英語教育の環境は大きく変化していくことになりそうです。


[PR]全国1200教室の子ども英会話教室
posted by yasuucare at 06:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 子供の躾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
TTBレート
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。