無料体験授業好評受付中!

2015年05月04日

受験までのスケジュール

受験までのスケジュールを考えてみることは決して無駄になりません。
3年も先とかまだまだ年数があるから何て思っていると、月日の経つのは本当に早いのです・・。


高校受験であれ、大学受験であれ、それぞれの受験生には公平に時間が与えられています。
入学してから3年ですが、この3年間をどう過ごすのかをザット考えてみるだけでも、とても参考になると思います。


あまり早くから鞭を入れるのではありませんが、今第3コーナーにかかっているのかスタートしたばかりなのか、後どのくらいなのかを考えながら走るのと、闇雲に突っ走るのとではまさに雲泥の差なのです。
立ち位置がわかれば焦る気持ちも随分と少なくなるはずです。


少なくとも1.2年生の間は學校で習うことをもれなく熟すのみです。
學校でも受験の流れを考えながらカリキュラムが組んであるでしょう。


日々習うべきことをしっかりと身に着け、テストでもそこそこの結果を出しておけば、仮に忘れることがあっても復習が楽になります。
焦らずに、授業についていくことです
授業の中身がわかれば自信も出てくるのです。


tuuti1.jpg


そして、いよいよ3年生になれば入試に必要な基礎の定着を図ります。
3年生の夏休みというのが大きなターニングポイントになるので、夏休みまではそれまでの基礎を総復習です。


3年生の2学期には志望校のレベルに応じたテキスト演習が効果的です。
いわゆる過去問的な取り扱いで、何をどのようにこなせばいいのかを実践演習です。


いよいよ入試直前になれば、直前対策を練ります。
覚え忘れを防ぐとともに、ケアレスミスをなくすテクニックや心構えが大切です。


こんな風に3年間を俯瞰してみれば、焦り方が随分と違うものです
ただただ不安を持って過ごすのではなく、自分なりに作ったスケジュールに沿って、それさえこなしていけば何とかなるものだ、という自信を持ちましょう!


インターネット家庭教師Netty








この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
TTBレート
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。