無料体験授業好評受付中!

2016年12月01日

小論文試験対策

小論文試験の対策の決め手は何でしょう?


小論文が入学試験に採用され、段々と配点の比重も上がってくる傾向になります。
何とか対策を見出さねばなりません。


何事においてもそうですが、敵を知り己を知ることが肝要です。
その敵とは、まさに小論文です。


小論文は、だいたい90分程度で回答をすることが多いと思います。
90分は長いようで短いので、まずしっかりと構想を練らねばなりません。
つまり、何をどのように書いていくのかを起承転結でまとめるのです。


それをたったの90分ですから、ともかくテーマを絞って普段から考えておく習慣をつけることが大切です。
ああ言えばこうする的に受け答えができるようにしておくのです。


そのためには考える習慣と、新聞や雑誌でテーマを絞って情報を頭にインプットしておくことが大切な作業になります。
これは、特に時事問題に関して重要です。


また、過去問をしっかりと練習しておくと似た感じの問題の時にはスラスラ回答ができます。
つまり、過去問の例を多くインプットしておけば万全に近くなるというわけです。


何事も体験しておけば安心できて自信も出てくるのです。
小論文作成も特に恐れることなどありません!
さあ、しっかり準備をしてキッチリトこなしてみましょう!
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
TTBレート
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。