無料体験授業好評受付中!

2016年01月23日

受験勉強のスタート

受験勉強のスタートは早いに越したことはありません。
実際の受験が始まる年明けには、本年度の受験者は駆け込み勉強に忙しいでしょうが、次年度の受験予定者もいよいよスタートに掛かるべき時です。


さて、何からスタートさせましょうか?


まず王道は苦手科目の克服です。
数学や英語といった科目は、受験の中心的な科目なのですが意外と苦手な受験生が多いものです。


多分、整理して頭に詰め込み覚えさせる操作ができていないのでしょう。
よく間違える箇所はどこなのか、どこが上手く理解できていないのか、ということの洗い出しが大切です。


弱点が克服されれば、それだけで平均点は大幅にUPします。
計算ミスなども多いと思いますが、あれは計算ミスだからと慰めていませんか?
計算ミスをするのは、それだけ余裕がないからであり、確かめていく過程ができていないからです


時間的な余裕というか使い方もポイントでしょう。


全てを拾い上げてやり直すのはなかなか大変です。
よく間違えるポイントはどこなのか!
これをすべて拾い出すことこそが、受験勉強一直線のスタートになるはずです!


頑張ってみてください!!
posted by yasuucare at 06:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 家庭教師と学習塾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月16日

ポピー無料お試し見本

ポピーは家庭学習の王道を行っています。
塾や家庭教師もいいのですが、小さい時には家庭学習で基本をみっちりが何よりです。


つまり、自分を磨く力をつけるために一番の先生は家庭にありということなのです。
優しい親の愛情のもとでゆったりと学習する習慣を身につけてさえいれば、少々過酷な受験や定期テストでも揺るがない精神で行けるのです。


テストの成績だけが唯一になれば、カンニングとか狡猾な手段に走ってしまうかもしれません。
それは、たとえバレなくても本人のために良くないことは言うまでもありません。


どうしたら基本が身に付くのか?
学習のための心構えや態度はどうなのか?


まず、家庭でしっかりと基本を身に付けることにしましょう。


だから、ポピーなのです。
ポピーの無料お試し見本の家庭学習を試してみませんか!!


幼・小・中学生向けの家庭学習教材【月刊ポピー】無料おためし見本プレゼント!







a8mat=2I13IO+CLT4KY+3DIG+601S1" target="_blank">




posted by yasuucare at 09:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 家庭教師と学習塾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月23日

大学入試改革 センター試験を刷新

大学入試改革にあたり中教審が答申しました。
それは、センター試験を刷新への方向です。


中央教育審議会は22日、大学入試を改革するよう下村博文文部科学相に答申しました。
毎年50万人以上が受ける大学入試センター試験を、今の小学6年が高校3年になる2020年度実施分から新しくすることなどが大きな変更点です。


センター試験の後継は「大学入学希望者学力評価テスト(仮称)」。
暗記した知識の量ではなく、思考や判断など知識の活用力を問うものです。
このため問題は国語、数学といった教科の枠を超え総合的なものとなるのです。


解答方式はマークシートを使った選択式から、一部を記述式に変更します。
また年に1回だった試験回数も複数回にし、「一発勝負」にならないようにする方向です。


答申は知識量だけを問う学力試験の禁止までは明記していないのですが、センター後継テストの成績を活用するよう勧めたり、論述形式の導入を例示したりして、事実上、変更を求めたのです。


一発勝負の受験テクニックだけでは通用しなくなる可能性が高まりますが、それは地道に勉強を重ねている受験生にとってマイナスではありません。


塾や家庭教師の教え方にも大きな変化はないはずですが、ただ単に詰め込み勉強だけでは難しくなること請け合いです。


勉強の仕方そのものが問われていくことでしょう!
これからの受験生にとって新たな課題が発生したかもしれません・・。
posted by yasuucare at 11:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 家庭教師と学習塾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月30日

代々木ゼミ、校舎の7割閉鎖

大手予備校の代々木ゼミナールが、17都道府県で展開する29の校舎のうち7割にあたる約20校舎を来春にも閉鎖する方針を固めた。


閉鎖する校舎では来春以降の生徒を募集しない。
少子化による受験生の減少や競争の激化で、かつての「3大予備校」の一角が大規模なリストラを迫られた。


代々木ゼミの閉鎖には、生徒のショックも大きい。
来春の閉鎖が決まった津田沼校(千葉県)に通う男性は「今年で何とか合格しなければ。有名講師が来るので代ゼミを選んだけど、先生が解雇されたら悲しい」と肩を落とす。


高3の時から通う男性は「講師の先生の教え方が分かりやすくて親しみがあったのに……。
センター試験の自己採点結果を高校を通じて集め、無料で分析する「センターリサーチ」も廃止される。


大手校のメーンターゲットは浪人生だが、代ゼミは中堅私立大志望者の大量獲得に強みを発揮した。1957年の設立以来、大学進学率の上昇とともに学費収入を大幅に増やし急成長し、高給で採用した名物講師も話題となり、チャイナドレスやキャラクターのコスプレ姿の講師も登場した。
90年代には「400人収容の大教室に立ち見が出た」という。


大学受験で問われる「学力」も変わる中、予備校は生き残れるのか。
大手の強みと、個別指導などの支援システムを両立とか、人物本位の新しい入試にどう対応するかなど、予備校も変わらなければいけない時期に来ている。


予備校の役割がなくなることはないと考えるが、予備校へ行かざるを得ない状況になる前に、家庭教師や学習塾の役割が更にクローズアップされることになるものと思われる。
ラベル:代々木ゼミ
posted by yasuucare at 10:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 家庭教師と学習塾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月08日

家庭教師と学習塾

家庭教師と学習塾は両立するのでしょうか?
もちろん経営側の話ではありません。


生徒さんが家庭教師と学習塾とどちらが良いという話でもなく、両方の良いところ、メリットを生かしながら学習能力を上げることが出来るのです。


家庭教師と言っても、毎日のことでなく、学習塾も同様です。
特に家庭教師オンリーの場合は、他の生徒との比較や競争心が薄れる可能性もあります。


一方、学習塾の場合は、時間的に制約される点や、その他大勢に埋もれこんでしまう危険性もありまあす。


でも、よく考えてみれば、それぞれに利点があり欠点があるのですが、お互いの欠点を埋めるのは家庭教師なら学習塾であり、学習塾なら家庭教師であるのです。
ということは、両者をうまく組み合わせれば当然にパーフェクト!ということになります。


実際に、学習塾に行きながらも更に欠点を家庭教師で補っている生徒さんも多いものです。
学校も、スポーツ活動も、遊びもやりながら塾と家庭教師・・。
大変と思えば大変なのですが、考えてみればカリキュラムや学習方法は塾や家庭教師に任せていればいいのです。


あとは生徒が、いかにその流れに乗って行くかということにかかってくるわけです。
一方だけでいいなんて決め込んでいませんか?


色々チェックしてみることが何よりも大切ですよ!!



ラベル:学習塾 家庭教師
posted by yasuucare at 08:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 家庭教師と学習塾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
TTBレート
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。