無料体験授業好評受付中!

2017年02月16日

英語に親しむ活動を小3から

英語に親しむ活動を小3から、正式教科小5からとなる新指導要領案が出ました。


文部科学省は14日、約10年ぶりに改訂する小中学校の新学習指導要領案を公表しました。
英語に親しむ活動の開始を小学3年に早め、小5から英語を正式教科とします。


学習内容は減らさず、現行指導要領の「脱・ゆとり」路線を継承するのです。授
業の改善で「対話的で深い学び」を実現し、思考力や主体性を伸ばします。
小学校は2020年度、中学校は21年度から実施する予定です。


今回改訂では歴代の指導要領で初めて前文を設け、「社会に開かれた教育課程」を理念として掲げました。
グローバル化や人工知能(AI)の台頭、人口減などを念頭に、30年代に社会に出る子供に求められる資質や能力を広く社会と共有します。


小学校では現在、5年から「聞く」「話す」を中心に英語に親しむ外国語活動を行っているが、3年からに前倒します。


5、6年の新教科「英語」では「読む」「書く」を加え、教科書を使い成績もつけ、授業は現在の週1コマから2コマに増やし、4年間で600〜700語程度の単語を指導します。


英語教育の環境は大きく変化していくことになりそうです。


[PR]全国1200教室の子ども英会話教室
posted by yasuucare at 06:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 子供の躾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月03日

子どものお小遣い

子どものお小遣いはいつごろからいくら渡せばいいのでしょうか?


頭を悩ます問いかけですが、例として子どもへのお小遣いの渡し方をご紹介します。


1.足し算、引き算ができるようになってから

金融広報中央委員会の資料によると、小学校へ上がったらお小遣いを与えるという家庭が多いようです。


また、金額は以下が平均値になっています(H23年度 金融広報中央会より)


○小学1、2年→799円
○小学3、4年→998円
○小学5、6年→1104円
○中学生平均→2753円
○高校生平均→6825円


「算数の足し算、引き算ができるようになってから」をおすすめします、と。
お店に自分で買い物へ行き、商品を買っておつりを計算できるようになるのが理想です。


また、時期だけでなくお小遣いを渡す頻度や方法も問題です。
例えば、月に1回とか週に1回とか、必要な都度とか・・。


お小遣いの使い方によって、子供の自制心や几帳面さもわかってきます。
周りに合わせるのではなく、子供に応じて与えてみるのも一方でしょうか?


いずれにしても、親としては楽しいお悩みかもしれません。


そして、そんな子供たちもやがて受験勉強に突入するようになるのです。
苦労させるのかさせられるのか?
中学受験を考えてみるのもひとつの課題であり、ターニングポイントになると思います!


可愛い子には旅をさせよという言葉があります。
多分至極の名言でしょう。
それは、子供にとっても子を持つ親にとっても!!

【中学受験専門】個別指導塾ドクター

posted by yasuucare at 08:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 子供の躾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月05日

子どもの躾の行く末

子どもの躾の行く末を考えたことがありますか?
それは、とても重要なことなのですが、日々の忙しさや、その場しのぎの対応で等閑になりがちなものです。


お店の前で4歳ぐらいの女の子が駄々をこねています。
母親は、そのおもちゃなら家にたくさんあるでしょうと窘めますが、「でも、これが欲しいの!」と譲りません。
多くの人が見ている中でかんしゃくを起こされても、ということで母親は買い与えてしまいます


それは、その場凌ぎかも知れませんが、小さな子供にとっても母親にしても、それなりに満足がいく結果なのです。
但し、4歳の子どもは駄々をこねたり、大声で泣いたり叫んだりすれば要求が通るものと勘違いしてしまいます。
母親にしても他人の目はしのげましたが、それ以降で似たような状況に出くわせば、タガが外れていうことを聞く方に追いやられます。
さて、それでよかったのでしょうか・・?


これは、たかが玩具のことですが、あらゆることに影響していくのです。


むしゃくしゃしたから他人を殴った、火をつけた、盗みをした、人を殺してみたかった・・、人は自分の感情のままに生活すれば
必ず誰かとぶつかることになります。
そして、残念ながら双方の意向や言い分が通らないことが多いのです。
だから争いが起こり戦争になります。
そこまで極端なことにならなくても、誰かに迷惑をかけ不幸にすることになります。


なにも、自分だけが我慢すればいいというのではありません
しかし、お互いが少しずつ気を付け、ささやかに配慮し工夫をしていけば、集団生活もスムースに事が運ぶのです。
それは、そんな風に考えてみることからしか始められません!


子供は可愛いものですが、その子供もいつの日か様々な試練に立たされます。
その時に困らないように、戸惑わないように育てていくことが親の愛情でもあります。


親子での骨肉の争いや、身内が他人に重大事件を負わせた時の親兄弟の気持ちを思うとたまりません。
そんな風にならないため、しないためにもケジメを付けて叱ることです。
世の中のルールを覚え、教え込むためにも甘い顔ばかりは出来ないのです!



勉強も大切で大事なことですが、スポーツに秀でても素晴らしい子供になります。
或いは、他と変わらないぐらいの能力で付いていけることも素晴らしいことに違いありません。


子供の日には、どんなふうに子供と接し育てようとするのか、改めて考えてみることも良いでしょうね!






ラベル:子どもの躾
posted by yasuucare at 08:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 子供の躾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
TTBレート
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。