無料体験授業好評受付中!

2016年03月13日

スタディサプリ中学講座

スタディサプリとは、受験生たちのためのオンライン学習サービスです。
中学での学習は大学受験への第一歩であり、ここで躓けば中々先が見えて来ません。
でも、せっかくの中学ですから部活も友達付き合いもサークル活動もしてみたいのです。


中学の勉強とスポーツや他の活動とを両立させていかねばなりません。
どうするのがベストでしょうか?


スタディサプリの会員数は、今25万人以上にものぼります。
それだけ信頼し支持されているわけは何でしょう?


【スタディサプリ】




受験に限りませんが勉強というのは常に基本に帰り、基礎固めから入らねばなりません。
土台がしっかりしてないと、応用が利かないのはもちろん、上滑りの学習になってしまうからです。


その点、スタディサプリならパソコンやタブレットを使ってプロ講師たちの講義動画が見放題なのです。
オリジナルのテキストもダウンロードで手に入ります。


何よりも自由な時間に学習できるメリットを忘れてはなりません。
1講座は20分の3動画となっており、いつでも隙間時間を使っての学習ができるのです。
もちろん、じっくりと時間をとってしっかり勉強することも!


しかも、こうした動画やテキストのダウンロードは月額980円の超割安価格で可能なのです。
まさにネットならではの技だと思います。


日々の学習や受験勉強が月額980円で可能なのです。


そして、今ならスタディサプリを2週間無料でお試しいただける無料体験を実施中なのです。
ともかく無料体験をやってみて、スタディサプリをやってみないと!!






posted by yasuucare at 08:19| Comment(0) | TrackBack(0) | ネット授業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月02日

中学受験費用はいくら?

我が家の中学受験費用は、240万円余りでした。


2月1日は、中学受験の天王山の日。
受験費用はいくらぐらいだったのでしょう?


4年生で、およそ60万円(月額換算5万円)。
5年生で、およそ73万円(月額換算6万円)。
6年生で、およそ110万円(月額換算9万円)。


つまり「中学受験という体験」に243万円かかったわけです。


4年生60万円、5年生73万円、6年生で110万円、トータルで243万円。
長男は第一志望校に合格、今では学校生活を満喫しているので、めでたし、めでたしですが・・・。


中学受験は成績が悪くて泣き、努力して成績が上がり、志望校判定テストで再びどん底に突き落とされ、そこから這い上がるのです。


そんな日々は、子どもの心も頭も鍛錬してくれるはずです。
中学受験を通じて親子の絆を感じることも多いと思います。


小学校高学年という「思春期の入り口」で、そんな日々を送るのも悪くはないかもしれませんが、複雑な気持ちでもあります・・。


まあ、人生は長いので中学受験を経験しておくのも悪くはないでしょう!
ラベル:中学受験費用
posted by yasuucare at 19:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 中学受験家庭教師ドクター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月23日

受験勉強のスタート

受験勉強のスタートは早いに越したことはありません。
実際の受験が始まる年明けには、本年度の受験者は駆け込み勉強に忙しいでしょうが、次年度の受験予定者もいよいよスタートに掛かるべき時です。


さて、何からスタートさせましょうか?


まず王道は苦手科目の克服です。
数学や英語といった科目は、受験の中心的な科目なのですが意外と苦手な受験生が多いものです。


多分、整理して頭に詰め込み覚えさせる操作ができていないのでしょう。
よく間違える箇所はどこなのか、どこが上手く理解できていないのか、ということの洗い出しが大切です。


弱点が克服されれば、それだけで平均点は大幅にUPします。
計算ミスなども多いと思いますが、あれは計算ミスだからと慰めていませんか?
計算ミスをするのは、それだけ余裕がないからであり、確かめていく過程ができていないからです


時間的な余裕というか使い方もポイントでしょう。


全てを拾い上げてやり直すのはなかなか大変です。
よく間違えるポイントはどこなのか!
これをすべて拾い出すことこそが、受験勉強一直線のスタートになるはずです!


頑張ってみてください!!
posted by yasuucare at 06:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 家庭教師と学習塾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月19日

図鑑の活用と知識量

図鑑の活用と知識量とには大きな関係があります。
もちろん、手元に図鑑があってちょくちょく見ることが出来るのなら、知らず知らずのうちに知識量も増えていくのです。


これは、単なる知識量UPの方法にとどまりません。
中学受験を目指すような家庭や子供さんをお持ちなら尚更でしょう。
上手く図鑑を見て調べる習慣をつけることは、大きな武器になるのです。


例えば、図鑑にはいろいろな象の写真、絵、説明などが出ています。
写真や絵を見るだけでも象についての知識が増えますし、説明を読めばさらに深めることができます。


また、テレビタレントが屋久島に行く番組を見たら地理図鑑で屋久島を調べます。
AKBのメンバーの出身地が話題になったら、これもまた地理図鑑で調べます。


今は、昆虫、植物、魚、鳥、宇宙、星座、人の体、歴史、世の中の仕組みなど、いろいろな分野の図鑑がたくさん出ています。しかも、写真やイラストを増やしたりおもしろい読み物を入れたりなど楽しく読めるように工夫されています。


大人が見ても楽しいので、折に触れてぜひ子どもと一緒に図鑑に親しんで欲しいと思います。そして、子どもが自分で調べたら大いにほめてあげましょう。


1つ調べるだけでもその分だけ子どもの知識は増えます。
そして、調べ上げたことをたっぷりと褒めてあげるというダメ押しが子育てになるのです。
間違いなく知識が増えるとともに、文字に対するコンプレックス的なものも無くなります。


今は、テストの問題を読解することにも気を遣わねばならないのです。
スマホなどで画像はよく見て親しんでいるけれど文章はさっぱりでは役に立ちません。


図鑑や興味を引くような面白い雑誌をうまく活用することがキーポイントになります。
ラベル:図鑑の活用
posted by yasuucare at 07:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 中学受験家庭教師ドクター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月18日

子どもの生活習慣

子どもの生活習慣を考えてみる時期かもしれません。


年の変わり目には色々と思うことや目標の設定があります。
周囲に私学を受験する子も増える中で、わが子の成績や先々の進路がまったく気にならない親はいないでしょう。


一体どうすれば少しでもいい点が取れ、より上位の学校に進学できるのだろうか。
そもそも子どもにやる気を起こさせるにはどうすればいいのでしょうか?


勉強ができない子供の共通の特徴は、少なくとも心が勉強に向かってはいないのです。
その理由はいろいろあるでしょうが、根本的なことは同じです。
だから、いくら参考書を与えてもダメなのです。
いわゆる上の空なのですから・・。


そうさせてきたのは、あるいは親の責任かもしれません。
だから、それを是正させるのも親の責任でしょう。


年末年始は気合が入れ替わる時であり、なにかしてやろうという意気込みも出てきやすい時です。
だから、やってみたいことがあります。


それはカレンダーです。
子供専用の、色々と予定なんかも書き込める空白の多いカレンダーを買ってくるのです。
子供と一緒に文房具屋や書店に行って探すのがいいでしょう。


そして、それに今日すべきことや1ヶ月かんでする予定を書き込ませ、出来栄えをチェックしていくのです。
できなかったことも記録に残りますので、それを遅ればせながらもやって生かせる工夫をしてみるのです。


なにか目標を与えること。
目指すべきことに向かわせることが子供のための1年の計だと思います。


定番から使いやすさを追求した最新版まで

250点を超えるカレンダーがズラリ!







posted by yasuucare at 07:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 中学受験家庭教師ドクター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
TTBレート
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。